ご訪問ありがとうございます。
ブログを下記に引っ越しましたのでご案内申しあげます。 引続きよろしくお願い申しあげます。


>>> 浮世絵摺り体験 workshop / Kou's works

>>> 木版画入門講座

>>> Japanese woodcut printmaking by KouTaira

絵の具に糊を混ぜると、絵の具の付きがよいのですか?


今日、沖縄のクニオカ様からこんなご質問いただきました。

(クニオカさまがハガキに摺られているということで、たぶん固め(あまり水を使わない)の絵の具で摺られていると思います。それを前提にお話します。)


水彩絵の具で刷る場合、絵の具に糊を混ぜると、付きがよいのですか?


はい、和紙に定着しやすくなります。

絵の具が付くという感覚よりも染み込む感じです。
ただ、はがきに摺る場合はこの感覚ではないと思います。

また、絵の具の乾きを遅らせることができるので、結果、摺りやすい。ということです。
ですが、のりを混ぜれば、混ぜるほど絵の具の発色は落ちます。

以上ですが、ご理解いただけたでしょうか?

木版画入門講座
http://www.kcv.ne.jp/~tk5029/mokuhangakouzatop.html

タグ:木版画
posted by koutaira at 15:04 | Comment(0) | * 木版画 Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。