ご訪問ありがとうございます。
ブログを下記に引っ越しましたのでご案内申しあげます。 引続きよろしくお願い申しあげます。


>>> 浮世絵摺り体験 workshop / Kou's works

>>> 木版画入門講座

>>> Japanese woodcut printmaking by KouTaira

ゴマ摺りになってしまう。。。


今日、静岡のキウチ様からこんなご質問いただきました。



こんにちは。
版画の刷りで困っていたところ、インターネットでこのサイトを見つけたので質問させていただきます。

小生版画を初めてまだ2ヶ月です。今刷りを初めておりますが何度刷っても色がまばら、所謂ゴマになってしまいます。絵の具は水彩用の不透明絵の具を使用しております。

この解消法をぜひお教えください。宜しくお願いします。



キウチ 様

初めまして、タイラと申します、よろしくお願いします。
ご質問ありがとうございます。

まず、木内様にご質問いたします。

のりは使われてますでしょうか?
(澱粉のりのことです。)

キウチ様より

早速のメール有難うございます。

糊はヤマト糊を水で薄めて版木の彩色する部分に点々と着けてから絵の具を板上で混ぜながら塗っております。糊はタラリと垂れる程度に薄めて使用しております。

浮世絵の刷りを何時か実演で見た事が有りますがごく少量しか糊は着けていませんでしたので同じようにしております。宜しくご指導お願いします。



はい、分かりました!

1、「のりの量が足りない。」のではないかと思います。

(しなベニヤの版木と比べて)
浮世絵の版木は桜ですが、表面が非常に滑らかですし、
水分、絵の具やのりの吸い込みがあまりありません。
ですから、のり、絵の具の量も少なくてすみます。

また、ゴマ摺りを避けるため、シナベニヤもペーパーをかけて、
表面を滑らかにすると少々違います。
(120番と400番のペーパーを木目にそってかけます。)

※木内様はバレンはどんなものを使われていますか?
スクールバレン等の中身がボール紙などが入っているバレンを使っておられませんか?

以上、ですがご理解いただけたでしょうか?

木版画道場 タイラ コウ

その後、キウチさんは早速のりの量を増やして挑戦!
結果うまくいったそうです。目出度し、目出度し!(^^)/

木版画入門講座
http://www.kcv.ne.jp/~tk5029/mokuhangakouzatop.html


タグ:木版画
posted by koutaira at 19:08 | Comment(0) | * 木版画 Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。